1880年に始まる Heimbs(ハインブス)の歴史。
創業以来、美味しいコーヒーにこだわり続けたハインブス。現在も高級食品業界を支えています。

ハインブスの歴史

ドイツコーヒーの代表的な存在であるHeimbs(ハインブス)、その歴史は1880年に開いたコーヒー店に始まります。

Heimbs社の歴史は1880年に創業者のFerdinand Eichhorn(フェルデナンド・アイヒホーン)がブラウンシュバイグ市にコーヒー店を開いたことから始まります。その後、1920年にKarl Heimbs(カール・ハインブス)が彼の重要なパートナーとなり、彼等は本格的にコーヒーのローストを始めました。1934年、Mr.Eichhornの没後、会社はHeimbs氏の家族の所有となり、社名もHeimbs&Sohn社に改められました。1970年代になると、Heimbs社はその活動をカフェ、レストラン、ホテル等、高級飲食業界に集中させました。現在も売上の95%がこの業界であります。

ハインブス社(Heimbs)は1970年代から高級食産業界へのコーヒーの提供に力を入れ、多くのお店やホテルで採用されています。

Heimbs kaffeeはコーヒーのメルセデスとして認められ、コーヒーで収益を得ようとするすべての場所とコーヒーの味を楽しもうとする人々にすっかり定着する事となりました。この成果は、高い品質のコーヒーを提供し続ける事によって到達できたのであります。

ロゴの金色のライオンはHeimbsの長い伝統への愛着を表現し、プレミアム品質の証です。ライオンはブラウンシュヴァイクの街のシンボルであるのと同様に130年以上にわたる、コーヒー文化の象徴です。

ハインブス社のコーヒーの特徴

Copyright© coffee-cocoa.net , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.